降っても晴れても

日々の想いと徒然草

    Love momo
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<問題>
 
 旅先で大きな荷物を3つも抱えた中年紳士が赤帽を呼んだ。
 「君、運び賃はいくらだね?」
 「最初の1個が1ドルで、2個目からは25セントになります」
 すると、紳士はこう言った。
 「最初のは……」



 さて、この紳士は何と続けたでしょう?








<正解>

 正解は「ワシがもつから残りを君が運んでくれ」
スポンサーサイト

 今春、鳴り物入りで始まった
 久米宏の情報バラエティー番組「A」の打ち切りが
 決定したらしい。
 
 番組スタート前、久米は「面白くなければすぐ辞める」と
 言っていたが、わずか3ヶ月で終了することになった。
 
 打ち切りを一番喜んでるのは、古舘伊知郎だったりして(笑)
 
 それはさておき、
 
 僕は一度だけこの番組を観たことがあるが、
 みんなが言うほど、つまんなくはなかった。
 
 少なくとも、これまでほとんど知らなかったアジアの人の
 生活を観れて、それなりに興味深かった。
 
 確かに、制作側が言うように、
 これまでにない情報バラエティではあった。
 
 ただし、もう一度観たいかというと、
 答えはノーだ。1回で十分だった。
 
 理由は簡単である。
 日本人はアジアの人の生活にそこまでは興味がないからだ。
 
 この番組が失敗した理由はそこにあると僕は思う。
 
 「アジアが熱い!」「アジアの時代!」
 何年も前からそんなキャッチフレーズが踊った。
 確かに、旅行先としてのアジアは人気だ。
 
 でも、だからと言って、わざわざテレビで
 アジアの人の生活を観たいとは思わない。

 それは多くの日本人が自分たちの方が上だと思っているからだ。
 
 そんなふうに考えると、
 今の中国や韓国との関係悪化の理由も見えてくる。
 
 僕、あるいは僕らの中からアジアの人たちに対する
 差別意識がなくならないと、良好な関係は築けない。
 
 あたりまえのことだ。
 
 最近は政治家や教職者の不用意な発言が目立つが、
 先日も2つこんなニュースが報じられていた。
 
 ひとつは、自民党山崎拓の発言。
 
 NHK討論番組で、郵政民営化で国会の会期延長に
 反対する野党をこんな言葉で批判した。
 
 「会期は鉄道で言えばレールみたいな話であって、
 レールの上に石を置くようなことはやるな。
 投身自殺なら男らしいが」
 
 山崎は野党側の抗議を受けて、発言をその場で取り消したが、
 JR西日本の事故の記憶がまだ癒えないこの時期に
 これはいくら何でもまずいだろう。
 
 しかも、「投身自殺が男らしい」という論理には呆れる。
 なワケないだろう。
 
 そして、もうひとつは、山口県の高校での爆破事件。
 
 事件直後、学校側は男子生徒にいじめがあったかと問われ、
 「把握していない」としていた。
 
 ところが、生徒が「からかわれ、腹が立った」と、
 警察で供述したことで、
 いじめが動機になった可能性が高くなったのだ。
 
 すると、校長は事件についてあらためて謝罪したんだけど、
 その言葉がなんとも不快だった。
 
 「事件の背景に広い意味でのいじめはあったかもしれない」
 
 広い意味でのいじめ?
 なんともおかしな表現である。
 
 「からかわれるくらいでいじめって
 言われちゃたんまないよ。
 そんなもんいちいち学校側がチェックできねえよ」
 
 と、言うのが本音なんだろうな。
 僕はこの言葉を聞いてまずそう思った。
 
 ところが、違うようなのである。
 そのあとの謝罪の言葉には驚かされた。
 
 「生徒にこのような行動を取らせてしまい、
 不十分な点があった。(事件を起こした)生徒に対しても
 申し訳ない気持ちでいっぱいだ」
 
 この謝罪って筋違いじゃない?
 
 これだけの事件を起こした生徒に
 「申し訳ない気持ちでいっぱいだ」というのは、
 どう考えても変だ。
 
 被害に遭った生徒がこの言葉を聞いたら、
 どんな気持ちになるか、考えればすぐわかることだ。
 
 これがホントの「反面教師」ってやつ!?

┌─【問題】───────────────────────────┐
 
 トムは村の人達から馬鹿だと,からかわれていました。

 その理由は,トムにピカピカの100円玉とクシャクシャの1000円札の
 どちらかをあげるというと,いつもトムは100円玉を選ぶからです。

 しかし,トムは馬鹿ではなく,ある理由があって100円を選んで
 いたのです。その理由とは,何でしょうか?
 
└────────────────────────────────┘

 【効果】柔軟な思考と論理性を養います
 難易度:★★★★☆
 言語力:★★★★☆
 数学力:★☆☆☆☆
 論理力:★★★★☆
 直観力:★★★★★





 ↓↓↓  この下に【ヒント】があります  ↓↓↓


【ヒント1】
トムは馬鹿ではなく,頭がいいです。



【ヒント2】
もし,1000円を選ぶと・・・



 ◇◆◇すべてのヒントを考慮してもう一度考えてみてください◇◆◇








 ↓↓↓  この下に【解答・解説】があります  ↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■□■  【 解答・解説 】  □■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【解答】
1000円を選ぶと,村人がからかわなくなってお金をくれなくなることを
知っていたから。
 
【解説】
目の前の利益より,その後のことを考えた行動ができる人は
頭がいいですよね。

トムはかなり頭がいいと思います。

この問題がすぐに解けた人も頭がいいです。
 
 18歳の女性を監禁し、暴行を加えて逮捕された
 小林泰剛容疑者が別の女性の監禁容疑で再逮捕された。
 
 まったく救いようのない鬼畜の犯罪だが、
 週刊文春がこんなタイトルの記事を掲載していた。
 「監禁王子に”イケメン無罪””抱いて殴って”
 ネット書き込みの世も末」
 
 インターネットには「王子ネット」なるファンサイトまで
 存在しており、熱烈な書き込みが氾濫しているという。

「小林くんイケメン!かっこいい!結婚したい!」
「小林くんとマジでやりたーーーい」
「イケメン無罪!」
「愛してるよーー抱いて殴って」
「監禁された子がうらやましいよぅ」
「早く出所して私を思うように調教して!」

 おいおい、ホントかよ!

 そこで、「王子ネット」(http://pksp.jp/yasuyoshi/)に
 アクセスしてみたら、
 「このページの内容に問題があるため、現在閲覧制限中です」
 と、表示された。
 
 ということは、おそらく前記のような書き込みが
 実際にあったのだろう。
 
 いくつかのブログも文春の「監禁王子」記事を取り上げていて、
 小林容疑者がイケメンだからだろう
 と理由づけしているのもあった。
 
 なかには、大韓航空機爆破事件の金賢姫元死刑囚に
 結婚を申し込む男性が殺到したという過去の例を挙げて、
 「美貌は時として他の一切を吹っ飛ばす恐るべき力があると、
 分析しているブログもあった。
 
 ところで、僕はこの記事を読んで、ある人物のことを
 思い出した。
 その男とは、佐川一政である。
 猟奇犯罪として知られるパリ人肉事件犯である。
 
 彼は精神鑑定の結果、釈放されたが、
 彼の部屋にかわいらしいぬいぐるみがいくつもあったそうだ。
 
 佐川はこう答えた。
 「いや、僕の部屋にたまにやってくる女子大生が
 置いていったんですよ」
 
 驚いたことに、佐川のところには「支援したい」という
 女性が結構やってくるというのだ。
 
 彼自身もなぜ自分のような男の所に来るのか、
 よくわからないと首を傾げていた。
 
 話を「監禁王子」に戻すけど、
 僕は彼を支持する女性が多いのは、
 「イケメン」という理由だけではないと思う。
 
 世の中には、容貌とは関係なく、
 犯罪者に心を動かされる女性が存在するのである。
 
 人間の心の闇というのは底知れなく深い……。

 これは僕が昔会った身障者の男性が言った言葉である。
 彼は重度の脳性マヒで、言葉もままならない。
 
 自らも身障者の支援活動この男は、
 とにかくポジティブである。
 
 「普通の身体になりたいかって、よう訊かれるけど、
 僕は生まれた時からこの身体しか知らんから。
 別に不自由を感じたことあらへんな」
 
 で、僕は訊いてみた。
 「あなたの魅力はなんですか?」
 すると、返ってきたのが冒頭のセリフである。
 
 「口からボロボロこぼしながら食べるのが僕の魅力や」
 
 まともに食事できないのが、自分の魅力だというのだ。
 僕はこれには大きなショックを受けた。
 
 彼は食べ物をこぼしながら食べる姿が
 「自分だけの個性」だと堂々と言い放った。
 
 「人はみんな違う。違いがあるから個性が生まれるんや
 ないですか。個性はその人の魅力やないですか」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。